習い事の人気ランキング―「英語・英会話」は何位?

2018-12-06

子供の将来を真剣に考えている親なら、誰でも気になる「習い事」。

2017年の「習い事ランキング」と、その費用の捻出方法についての傾向が、株式会社リクルートマーケティングパートナーズのアンケート調査により明らかになりました。

早速、見ていきましょう!

【2017年 調査概要】
■調査名 :『ケイコとマナブ』 2017年 子どもの習い事アンケート
■調査目的 :小学生以下の子どもにおける習い事の人気ランキングとその理由、費用やその負担感など 実態を把握し、スクール・教育関係各位の参考とする
■調査方法 :インターネットによる調査 ■調査対象 :習い事をしている小学生以下の第一子を持つ全国の女性(株式会社マクロミルの登録モニター) ※習い事とは通信教育ではなく教室に通うもの。ボランティアなど無償のものは除く
■有効回答数 :927人(未就学児の母:309人、小学校低学年の母:309人、小学校高学年の母:309人)
※2016年:927人(未就学児の母:309人、小学校低学年の母:309人、小学校高学年の母:309人)
※2015年・14年:618人(未就学児の母:206人、小学校低学年の母:206人、小学校高学年の母:206人)
※2014~2016年は首都圏1都3県(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)在住者
■調査時期 :2017年9月8日(金)~2017年9月11日(月)

 

小学生が今、習っているのはこれだ!

◇低学年
第1位 水泳       49.5%
第2位 英語・英会話   25.2%
第3位 ピアノ      23.6%
第4位 書道       17.2%
第5位 学習塾・幼児教室 11.7%

◇高学年
第1位 水泳       36.9%
第2位 英語・英会話   27.8%
第3位 ピアノ      24.3%
第4位 書道       23.3%
第5位 学習塾・幼児教室 19.1%

なんと、小学校低学年・高学年ともに「英語・英会話」は堂々の第2位にランクインしています!

その理由としては、
これからの社会で活躍するのに必須だと思ったから
・小学校でも必須科目になったこと、将来的に役立つはず
・将来、受験に備えて

という子供の将来を見据えた理由の他にも、海外経験で身につけた英語力をキープするためや、身近な外国人の存在による自然自発的な興味をもったためという理由もあるようです。

 

 

今後、子供に習わせたい習い事は?


今は習っていないけど、やっぱり習わせたい習い事。
どんなものがランクインしているのでしょうか?

◇低学年
第1位 英語・英会話   24.6%
第2位 書道       15.9%
第3位 水泳       14.2%
第4位 学習塾・幼児教室 12.0%
第5位 そろばん     10.7%

◇高学年
第1位 英語・英会話   20.4%
第2位 水泳        8.7%
第3位 学習塾・幼児教室  7.8%
第4位 パソコン関連    7.1%
第5位 書道        6.5%

なんと、「今後、習わせたい習い事」は堂々の1位となりました!
英語・英会話への関心の高さが伺えますね。実は、小学生に限らず未就学児でも第2位と大変人気なんです。

わたしの周りでも、英語・英会話は人気。

特に、ネイティブの外国人講師が教えてくれる英会話スクールは人気が高く、以前電話したら「現在18人待ちです。」とのこと。

18人ってどういうこと???とビックリしましたが、要は近くに「ネイティブが教えてくれる英会話」が人気で、且つ、わたしの住む周りには少ないのです。(今後、「ネイティブ講師と日本人講師、どちらを選ぶのか」についても考えていきたいと思います!)

さて、子供の将来のことを考えたら、避けて通れなくなってきている「英語・英会話」。

でも、「水泳」などのスポーツ系と「英語・英会話」「書道」「学習塾」などの文学系をすべて通うにはお金が沢山かかって大変。

みなさん、どのようにやりくりしているのでしょうか??
次は、習い事の費用について見ていきましょう!