NHK英会話「プレキソ英語」が小学生の自宅学習にぴったりな理由

2019-06-30

こんにちは。

児童英語講師のSAOです。

NHK教育テレビ(Eテレ)で2017年4月~2018年3月まで放送されていた『プレキソ英語』、みなさんはご覧になっていますか?

わが家の息子は、2019年の現在「プレキソ英語」で英語を勉強中です。

といっても、プレキソ英語のアニメ「The suchitown~あるスシのくらし~」を観たいときに観る、ただそれだけなのですが、内容が小学校の授業と合っていて、英語だけで聴いても子どもが理解できるので、英語慣らしにとってもいいんです。

「プレキソ英語」は、もともと小学校5・6年生の外国語活動(※20年~は英語科目)用にNHKがつくった番組で、教師用の学校教材も販売しているほどももの。だから、学校で習う会表現がふんだんに繰り返し使われています。

テレビ放送は終了していますが、公式HPや、アニメをまとめたDVDBOOKでまだまだ学習可能!
☞2019年度5・6年生向け番組(TV)はこちら
☞2019年度の小学生向け番組(ラジオ)はこちら

ここでは「プレキソ英語」の魅力、

そして

10分間で英語が身につく理由
小学生の自宅学習にぴったりな訳
今から学べる!無料視聴方法
アニメDVDBook情報

などをご紹介します。

目次をクリックすると、読みたい項目に飛ぶことができます。お好きなところからお読みくださいね♪

 

「プレキソ英語」とは?

NHK英会話「プレキソ英語」の画像「プレキソ英語」は、NHK教育テレビ(Eテレ)で6年間にわたり放送された人気番組です。

2011年に小学校で英語学習(5・6年生対象にした外国語活動)が必修化されたことを受け、子どもから大人までが楽しく英語学習できる番組として製作されました。

毎年、少しずつ改良に改良を重ね、2014年からアニメ「The sushitown~あるスシのくらし~ 」の放送がスタートしました。

キャラクターは、The sushitown(スシタウン)に住む、お寿司たち。主人公は「Tuna(ツナ:まぐろ)」で、その他にも「Shrimp(エビ)」や「Squid(イカ)」など、様々な寿司ネタが登場します。

「プレキソ英語」の番組は10分です。

10分間で何が学べるの?

時計の画像

基本は10分。

(※アニメのみの5分番組もあります。)

毎回学習テーマがあり、表現を1つ習います。

たとえば、

第6話「うわー、何これ?What is this?」を見てみましょう。

【月間テーマ】英語でどんどん質問しよう
【表現】What is this?
【内容】何なのかをたずねる
  1. アニメ前半
    (基本フレーズWhat is this?をアニメの中で理解する)
  2. 実際に表現がどう使われるのか見てみよう
    (外国人観光客が実際にWhat is this?を使っている場面を見る)
  3. 早口言葉・チャンツ
  4. アニメ後半
  5. It’s Your Turn!
    (日本人が今回の表現を用いて自己紹介する)
  6. 表現を使ってQ&Aを繰り返し練習

1つの表現が何回も登場するので、その表現の意味が日本語でわからなくても、どういう場面で使う表現なのかが理解できます。

 

小学生にぴったりな理由

プレキソ英語のテキスト画像

ほかの英会話番組にはない、プレキソの魅力は3つ

①小学校英語教材として使われている

これには、正直驚きました!

「プレキソ英語」は家庭での視聴だけでなく、学校教材としても使えるように作られているんです。

文部科学省が全国の小学校に、指導案作成の参考になるようにと配布している参考教材「Hi,friends!」に合うように構成されています。2020年度からは別の教科書(例)Let’s Try!・We Can!になりますが、小学生が学習する英語は「基本会話」なので、教科書が変わっても学習内容はほぼほぼ同じです。

そして、極めつけは「プレキソ英語」を使った教員向け学習キットが販売されていること。

その名も、『プレキソ英語 そのまま使える小学校英語教材』。小学校の先生がそのまま使える授業案・ワークシート・絵カード・DVDがセットになっています。(※地域・学校専用販売)

つまり、プレキソ英語は、小学校で習う内容に即して作られているというわけです。

②英語を英語のまま理解できる

「プレキソ英語」では、基本的に日本語は使用しません。英語のみでアニメ、その他のコーナーは進行されますが、日本語がなくてもわかりやすい。

この番組が大切にしているのは、子どもたちが英語の「音」に慣れることです。英語の意味がわからなくても、それを使う場面を想像させ・見せ、使い方が理解できるよう促してくれます。

これは、言葉を習得する自然なアプローチです。子供は「音」と「意味」をつなげることに長けているので、英語の意味がわからなくても、実際に使われる状況からしっかりと理解することができます。

 

③日本文化の英語表現に興味がわく

このアニメで登場するのはお寿司たち。アニメ全48回を視聴していけば、自然と寿司ネタの英語表現を覚えることができます。

例えば、「まぐろ」はTUNA、「えび」はSHRIMP、「いか」はSQUID。しかしながら、「かずのこ」はKAZUNOKOのまま。どうして日本語のままなのか、言葉そのものへ興味につながる要素がたくさんあります。

それは、子供の可能性を広げるチャンス!こどもが興味を持ったら、ぜひ家族で調べてみてください。

 

人気番組が終了してしまった「理由」

プレキソ英語が終わった理由の画像

人気だったプレキソ英語…。

アニメ部分をまとめたDVDまで発売されているというのに、なぜ終わってしまったのでしょうか?
☞今だに人気の「プレキソ英語DVD」

実は、『プレキソ英語』から『基礎英語0』に番組変更を行ったのは、2020年に全面実施される小学校英語教育改革に合わせてのことだそうです。

小学校に外国語活動が導入されたのは、2011年。小学校5・6年生を対象に、英語の音に慣れ親しむための「外国語活動」が必修化されました。しかし、2020年からは前倒しになり、3・4年生から「外国語活動(話す・聞く・発表する)」、5・6年生から「教科としての英語(話す・聞く・発表する・読む・書く)」になります。

「プレキソ英語」は外国語活動に合うよう作られているので、「読む・書く」の要素はありません。

よって、2020年からの小学校5・6年生には最適と言えなくなってしまったのです。

でも、正直いうと、

今放送している3・4年生対象の番組より、プレキソ英語の方が、わたしは好きです。英語を英語まま理解しながら、日本の食文化である「寿司」に触れ、英語表現をくり返し学習できて、本当に秀逸。

だから、わが家は「プレキソ英語」で学習しています。

 

今から学べる!無料視聴方法

NHKのホームページでは、「プレキソ英語」の動画を無料公開中です。

小学校で学習した表現を選んで復習でき、とっても便利。各動画には「あらすじ」が添えられているので、内容も一目瞭然。

保護者にも親切な作りになっています。

 

ただし!

「番組が終了した理由」でお話した通り、番組作成のコンセプトが変わったため、いつまで無料公開されるかはわかりません。

こういう方には、DVDがおすすめです。

  • テレビで見せたい
  • 子供が自由に見れるようにしたい
  • 毎日英語にふれさせたい
  • お子さんが、小学校低学年
  • スクリプトが見たい
  • 細かい英語のニュアンスが知りたい

☞「プレキソ英語DVD」

わが家は早速購入しました!
子供も大喜び。

興味のある方は、次のコーナーをどうぞ!

 

「プレキソ英語」DVD BOOKの内容

子供用NHK英会話「プレキソ英語」

「DVD BOOKに収録されているのはアニメのみ。その他のコーナーは収録されていませんのでご注意ください。

【DVD BOOKの内容】

  • 〔DVD〕英語版アニメ 全48話
  • スシタウンの絵・キャラクター紹介
  • 全英文スクリプト・日本語訳
  • 文法や表現のポイント

子供向けNHK英会話「プレキソ英語」子供向けNHK英会話「プレキソ英語」子供向けNHK英会話「プレキソ英語」


☞「プレキソ英語DVD」の詳細はこちら

子どもが楽しく、英語を好きでいられる環境を整えるのは、身近にあるものを上手く使うことが大事です!

ぜひ、毎日の学習に取り入れてみてください。