NHK基礎英語0|聴いてびっくり!同じテキストなのに全然違うラジオ版・テレビ版

2019-04-01

NHK基礎英語0(ゼロ)は、小学校5・6年生向けに製作された英語番組で、テレビとラジオの両方で放送されています。

テレビとラジオで放送されている…と聞くと、その内容も同じと考えるのが自然かと思うのですが、テレビとラジオの内容、実は、違うんです!

もっと言いますと、テレビは学習指導要領の内容を中心とした「学習系」で、ラジオは「英語の疑問に触れながら楽しむ」イメージです。

もっと詳しく知りたい方のために、今回は、その2つの違いや、ラジオ番組の詳しい内容について見ていきたいと思います!

基礎英語0:ラジオ版の出演者

NHK英会話 ラジオ「基礎英語0」についての紹介画像

ラジオは、番組を進行するメイン出演者2名と、月替わりのゲストによって進行されます。

メイン出演者はこちら。

  • サンシャイン池崎さん
    1981年10月9日生まれ。鹿児島県出身。ピン芸人のNo.1を決める「R-1ぐらんぷり」2016年のファイナリスト。2017年には同コンテストで準優勝。「おはスタ」や「ポケモン家あつまる?」などの子供向けの番組に多数出演中。
  • 花音(かのん)さん
    1999年12月28日生まれ。ロサンゼルス出身。モデル、タレントで、日英バイリンガル。
    2015年東京ガールズオーディションで受賞し、モデルデビュー。「めざましテレビ」、「NHKEテレRの法則」などの番組で、レギュラータレントとして活躍中。

そう!

パーソナリティーの1人が、お笑い芸人さんなのです。ですから、和気あいあいとしたテンションで、楽しく&面白く聞けます。

 

 

「テレビ」と「ラジオ」の違い

テレビ「基礎英語0」とラジオ「基礎英語0」の違いを考えるイメージ画像

結論から言いますと、テレビ版は小学校の学習指導要領に沿った学習中心、ラジオ版は「英語に関する疑問解消・リズムで覚える英単語/チャンツ」などの構成になっていて、まったくの別物です。

英語をしっかり学習する目的であれば、テレビがおすすめ。

楽しみながら、英語に触れる機会を増やしたり、同年代のお友達が抱いている疑問などを聞いてみたい場合は、ラジオ。

もちろん両方もOKですよ。

 

分かりやすく、2つを比べてみましょう。

☝テレビ版

  • 番組時間10分
  • 小学校5・6年生の新学習指導要領にとりあげられている学習内容を中心に構成。
  • 毎週キーフレーズ(例:”What’s this?”)が設定され、同年代の子供3人がこのキーフレーズを使って英語の課題に挑戦するという内容。
  • 番組は、【キーフレーズの導入→ミッション〔キーフレーズを使って問題に挑戦〕→Isamu(日本人)が英語の問題に挑戦するコーナー→世界の○○をレポート】という展開。

☝ラジオ版

  • 番組時間15分
  • 基本的に日本語で進行。(英単語を覚えるコーナーは少し英語。)
  • ラジオパーソナリティーの2人+ゲストが、NHKに寄せられた小学生からの「英語に関する疑問」にこたえる。実際に毎回小学生1名と電話をつなぎ、疑問を解決する。
  • 日英バイリンガルのカノンさんによる、英単語を発音してみるコーナー/チャンツや、音を聞いて何の音か英語で答えるコーナー、今日の企画(内容はその時に発表)がある。

☟テレビ「基礎英語0(ゼロ)~世界エイゴミッション~」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

 

基礎英語0:ラジオ版の内容

NHKラジオ「基礎英語0」の本をイメージした画像

さっそく、2019年4月1日初回のラジオを聴いてみました!

2018年度と内容がちょっと変わり、身近にある和製英語(英語みたいだけど、実は英語ではない言葉)や、英単語連想ゲーム(英単語を3つ言い、それらの特徴をもつ英単語を答えるゲーム)が新登場します。

番組時間も2018年度は10分でしたが、2019年度は15分に拡大されます。

2019年4月第1回の内容は、こんな感じでした。

  1. 英語に関する質問コーナー
  2. カノンのチャンチャンチャンツ
  3. サウンド・クイズ
  4. 今日の企画

①英語に関する質問コーナー(約7分)

毎回ゲストが登場し、子供たちの疑問に答えてくれるコーナーです。月単位で変わり、4月はテレビ版「基礎英語0~世界エイゴミッション~」の執筆を手がけた阿部始子(あべもとこ)先生が登場されています。

NHKに質問をしてくれた小学生と、直接電話をつないでお話をします。

第1回目の質問は、

「いってきます」は英語で何というんですか?

でした。

4月から中学1年生になった(投稿当時は小6の)男の子からの質問です。阿部先生がやさしく答えてくれます。

☟会話のだいたいの流れは、こんな感じです。

【阿部先生】
「いってきます」は日本ではよく使う表現ですが、実は英語にはない言い回しなんですよ。
【サンシャイン池崎さん】
じゃぁ、何も言わずに行っちゃうの?
【阿部先生】
学校に行くときに使う場合は「またあとでね」の意の”See you later.”が使えますよ。「ただいま」はどう英語で言うか、聞いたことがありますか?
【〇〇くん】
“I’m home.”だと思います。
【阿部先生】
よく知っていますね。でも、実はこれも「いってきます」と同じで、”I’m home.”という英語を日本ではよく使いますが、そもそもアメリカやイギリスでは「ただいま」という習慣がないんです。
【サンシャイン池崎さん】
じゃぁ、気がついたら帰ってきているんですか?
【阿部先生】
Hi, dad!とか、Hi, mam!という表現がよくつかわれますよ。

このあと、「いってらっしゃい」は”Have a nice day!(よい1日を過ごしてね)”という表現がよくつかわれること、またお店で買い物をした後に、店員さんから”Have a nice day!”と言われることもあるので、言われたら同じく”Have a nice day!”と返せばいいんだよ、というお話がありました。

 

②カノンのチャンチャンチャンツ(約1分)

2つ目は、英語のフレーズをリズムに合わせながら声に出して練習するコーナーです。

4月第1回目は自己紹介。

カノンさん・サンシャイン池崎さんがお手本を聞かせてくれるので、続けて2回練習します。

今回は、こんなフレーズでした。

【カノン】Hi, I’m Kanon. What’s your name?
【池崎】I’m Ikezaki. Nice to meet you.
【カノン】Nice to meet you, too.

 

③サウンド・クイズ(約2分)

音を聞いて、何の音か当てるゲームです。

カノンさんが日本語で「お腹が空いたなぁ。池崎さんは何をしているのかな?電話してみよう!」という会話からスタート。

池崎さんが電話にでると、カノンさんは英語で話しかけます。「”Hi, I’m Kanon. I’m hungry. I’m eating a snack. Listen…(音)What is it?(これは何でしょう?)」という感じで、何かを食べる音を聞かせます。

池崎さんは、”It’s apple!”と回答。

大正解!

ここから、カノンさんによるワンポイントアドバイスがあります。

  • モノを表す場合、1つだったら”a”をつけて”It’s a ~”という言い方をすること。また、appleの場合は”It’s an apple.”のようになるので気をつけよう!
  • snackは「スナック」の他にも「おやつ・サンドウィッチのような軽い食事」を表すこともある。apple(リンゴ)も軽食に入るよ。

日本語と英語のちがいが良くわかる解説でした!

 

③今日の企画(約5分)

最後は「今日の企画」です。毎回内容が変わるコーナーで、第1回目は「それって英語でなんて言うの?」です。

今回は「オタク」。

日英バイリンガルのカノンさんが、わかりやすく説明をしてくれます。

  • 最近は日本のアニメが海外でも人気なので、日本語のまま「Otaku」と言っても通じる。ただし、これは「アニメのオタク」の意味になる。
  • もっと広い意味での「オタク」はgeek(ギーク)という。

ちなみに、カノンさんは「ASMRオタク」だとのこと。

ASMRとは「心地よい音」のことで、とくに「食べ物を食べる時の音」が好きなんだそうです。食べ物の音を集めた動画サイトもあるそうですよ。

池崎さんは、マンガオタクなんだとか。

最後に、番組投稿のお知らせがあって、番組は終了です。

 

2019年度の放送時間

NHKラジオ「基礎英語0」の放送時間を表す時計画像

2019年度の基礎英語0(ゼロ)ラジオ版は15分番組。

2つの方法で、無料視聴できます。

①ラジオで聴く

基礎英語0(ゼロ)は、NHK第2放送にて、下記の時間に放送しています。
〔本放送〕月曜日 午後6:30~6:45
〔再放送〕土曜日 午後1:10~1:25/日曜日 午前8:00~8:15

②パソコン・タブレット・スマホで聴く

ラジオでは音声が聞きづらい、またはタブレットやスマホで聞きたい、という方には、「NHKラジオ らじる★らじる」というサービスがあります。

これは、NHKのラジオ番組を、インターネットを通して放送と同時に視聴できるというもの。インターネット回線を通すことでノズルの少ないキレイな音で視聴できるので、他の語学番組を聞く場合にも便利です。

〔パソコンで聴く〕「NHK らじる★らじる」のホームページにアクセスして番組を選択
http://nhk.jp/radio

〔タブレット・スマホで聴く〕無料のアプリをダウンロードして聞く http://www.nhk.or.jp/radio/info/app.html

 

2019年度のテキスト内容

NHKラジオ「基礎英語0」のテキスト付属DVDの画像

NHKラジオ「基礎英語0」のテキストは、テレビの「基礎英語0~世界英語ミッション~」と同じテキストです。基礎英語0のテキストを1冊買えば、ラジオ・テレビででてくる表現を学ぶことができます

4月号のラジオは、全部で6ページ。

お知らせが2ページと、ラジオで使うフレーズが4ページ分。今回は「カノンのチャンチャンチャンツ」でつかった自己紹介の表現や、「What sport do you like?」などの表現例がに大きな文字で書かれていました。

5月号からは、番組のコーナーで紹介する英単語・クイズなどを掲載する予定とのことです。

テレビ「基礎英語0~世界エイゴミッション~」に関しても、テレビを観ながらテキストを使うという形ではないので、テキストは別物、と考えてもいいでしょうね。

テキストについては、テレビ版の詳細説明に載せてありますので、こちらをどうぞ。

 

2019年度のラジオ基礎英語は、日本語と英語のちがいにも触れるなど、英語の感覚を養うのにもってこいです!

ぜひ、聴いてみてくださいね。