サピックス4年生組み分けテスト7月の出題傾向・対策・感想

サピックス4年生組み分けテスト7月

サピックス4年生の「7月組み分けテスト」を受験し、結果が出ました😄

コロナの影響により、今まで(3年生2月からの新年度)に実施されたテスト5回のうち、3回は自宅受験。塾で受験できたのはたった2回(3月・7月組み分け)💧しかも、1回目(3月の組み分け)は国・算数の2科目受験だったので、今回が初めての国・算・理・社4科目での組み分けテストとなりました。

このページは、7月組み分けテストがどんなテストなのか、どんな対策をしたら良いのかなど、出題傾向・対策方法・感想などをご紹介します。あくまでも個人の感想ですが、参考になれば幸いです。

※2020年7月20現在、国語・算数のみ掲載しています。理科・社会は後日追加予定です。

サピックスの組み分けテスト=「学習能力識別テスト」

サピックスの組み分けテストは、無制限のコース昇降があるテストです。全学年共通で年3回(1月・3月・7月)に実施され、受験科目の合計点で次期コースが決定します。

各コースは最大20名で、コース数は校舎の規模によって異なります。大規模校舎であれば10以上のコースアップも可能なテストになるため、サピックス生であれば誰しも意識してしまうテストです。

組み分けテストと聞くと「成績によるコース分け」に目がいってしまいますが、サピックスの組み分けテストは「子どもの学習能力を識別する要素」が含まれていることが最大の特徴と言えます。

日々の学習がどのくらい定着しているかは、組み分けテスト以外の「復習テスト」や「マンスリーテスト」で実施しています。組み分けテストでは、そこでは判断できない子供の発達状態・学習能力の発達状態を調べ、それぞれの子どもに合った指導ができるコースに振り分けることが目的です。

たとえば、復習・マンスリーテストは国語・算数各50分、理科・社会各30分ですが、組み分けテストはそれらより短い国語・算数各40分、理科・社会各25分になります。

50分あれば解ききれるけれど、10分短いために解き残しがでてしまう。いつもと時間配分が違うので、時間配分や「捨てる」判断をしないと焦ってしまい、ケアレスミスが多くなってしまう…など、制限時間にもコース分けを適切にするための工夫が見られます。

また、テスト内容は範囲指定がなく、コースを分けることを前提とした基礎・応用・応用(思考力系)で構成されます。4年生では3年生までに学習した漢字の読み・書きが出題されたり、つい2週間前に学習した内容がでたり…と様々なので、対策はできないこともありませんが、付け焼刃で学習をしても得点が伸びるといった代物でないことは確かです。

 

4年生7月の組み分けは、どんなテスト?

まずは、2020年7月度のテスト概要をご紹介します。

  • 【実施日】7月5日(日)9:00~11:30
  • 【教科】国語、算数、理科、社会
  • 【時間】国語40分、算数40分、理科25分、社会25分
  • 【試験会場】各校舎
  • 【採点前答案マイページ掲載】7/6
  • 【採点後答案・得点・偏差値掲載】7/10
  • 【夏期講習からの新コース発表】7/15

4年生7月の組み分けテスト、最大のポイントは「初めて4科目受験」になるということです。それまでは国語・算数2科の合計点でコースが割り振られていたため、理科・社会の得点によっては一発逆転上位コース!が可能になります。

また、1年生からサピックスに在籍する生徒でも、理科・社会の組み分けテストは初めての受験です。コースはあくまでも4科目合計で決定するので、各科目の出来・不出来は関係ありません。

だから、怖いんですけどね…。

7月の組み分けテストで決まるのは、夏期講習のコースです。平均点は年によって異なりますが、4年生の平均は250点~280点くらいが多いようです。

今回の4科目平均点は257.8点(正答率 約51.6%)でした。国語の平均正答率は56%、算数51%、理科51%、社会46%です。

 

なお、7月組み分けテストは「入室テスト」を兼ねています。

入室テストとは、サピックスへの入塾を希望する外部生(=サピックスではない小学生)が受けるテストのことです。一般的に塾に入ることを「入塾」と言いますが、サピックスでは「入室」と言います。

1年生~新4年生スタート(3年生2月)までの入室テストは国語・算数の2科目、それ以降は国語・算数・理科・社会の4科目受験になり、合計点がサピックスの基準点を超えれば入室することができます。内部生のテスト結果と照らし合わせ、合計点によりコース分けが行われます。

外部生にとって、今回のテストはとても難しいものだったと思います。特に塾通いの経験がないお子さんは、国語の文章量、算数の難易度、理科・社会の問題構成に四苦八苦したかもしれません。

※入室テストは午前・午後の2回行われ、事前説明や30分の体験授業などが含まれるため開始・終了時間は校舎によって異なります。

↓入室テスト体験談はこちら

4年7月の組み分けテストの対策は可能か?

復習テストとマンスリーテストは範囲がありますが、組み分けテストは範囲がありません。しかし、実際にテストを受けてみると、各科目のよって出題に傾向があることが分かりました。ここでは、2020年度の7月組み分けテストの出題傾向から、どのような対策が可能なのかを検証していきます。

 

国語の出題傾向・対策

2020年7月の組み分けテストの構成は、制限時間40分

  1. 漢字の読み書き 10問(20点分)
  2. 知識総合(20点分)
  3. 説明文の読解(記述1問)
  4. 物語文の読解(記述1問)

でした。

構成は6月マンスリーテストとほぼ同じだったものの、制限時間が10分短くなったことで難易度がアップ。3月の組み分けテストは漢字・語彙・物語文の3構成(40分)で説明文がなかったので、この分量の問題を解くのは初めてになります。

αコースの上位にいるような国語が得意なお子さんは何も問題ないかもしれませんが、初めて入室テストを受験する場合や、内部生でも偏差値60以下の場合は、時間配分やどの問題に時間をかけ何を捨てるかを判断する必要がでてくることもあります。すべて答えようとすると焦って頭が回らない…ということにもなり兼ねないので、全部答えられなくても焦らない気持ちの強さ、冷静さも必要かもしれません。

では、各単元に掘り下げていきましょう。

 

【漢字学習】の対策

漢字は20点満点(1問2点)で、今回は3年生までで習う漢字が出題されました。漢字1つ1つを見れば読める・書けるけれど、熟語にすると読みづらい・書きづらい問題もあるので、日頃から漢字の意味・熟語を理解する学習が必要です。

☝対策

  • 3年生までの漢字を復習。(4年生の漢字が出題されないわけではないので注意)
  • 日頃からトメ、ハネ、ハライが正しくできているか確認
  • 学校の漢字ドリルやテストを疎かにしない。
  • 漢字の意味と熟語にも注目する。

おススメは、サピックス小学部が販売している漢字学習字典『サピかん』の活用です。

今回の組み分けテストにおいては、サピ漢で紹介されている例文から100%出題。正答率が一番低かった「命名(めいめい)」も掲載されており、筆順・漢字の意味・受験生として覚えておきたい例文がわかりやすくまとまっています。

ただし、『サピ漢』はサピックスの国語Aテキストと内容が重複するので注意してください。わが家は3年生2月(4年生コース)から通塾をはじめたので、3年生までの漢字と、5・6年生の漢字検索に使用しています。

サピックスの国語科の先生もおっしゃっていましたが、漢字力をつけるには「漢字1つ1つの意味をしっかり理解すること」が重要です。今回出題された「命名」も、問題文から「命に名前をつける」ことだと理解できれば正答率は上がります。「器官」「気管」など、使い分けが難しい熟語は漢字そのものが持つ意味を理解していれば間違いを減らすことができます。

 

【知識総合】の対策

総合問題ですが、今回は4年生で学習した「知の冒険」と「言葉ナビ」の知識問題が出題されていました。「知の冒険」は国語Aのサピックステキストで6回に1回学習するもの。言葉の成り立ちや主語・述語・修飾語の関係など、国語の基本知識を学習します。「言葉ナビ」はことわざ・三字熟語・四字熟語・類義語・対義語などの語彙集です。

知識総合は日頃の学習をいかに丁寧に行っているかが肝になりそうです。

☝対策

  • 国語A「知の冒険」や言葉ナビをきちんと学習。
  • ただ暗記するのではなく、日常会話に取り入れたり、他の問題と関連付けて覚えることが大切。

 

【説明文・物語文】の対策

説明文はさほど長くありませんが、読みながらテーマや文章を正確に読むための線・印をしっかりつけ、時間をかけ過ぎずに読み解く力が必要です。説明文で時間を使い過ぎてしまうと、焦って物語文を読むことになり、高配点の記述問題を書く時間がなくなったり、選択肢で最後の選択をミスすることへ繋がりかねません。

☝対策

  • 【説明文の読解】テーマ・各形式段落の意味など、説明文を読む上で重要となる「基本の読み方」を確認。テーマの見つけ方、接続詞の役割、「筆者の意見や説明」と「具体例」を分けて理解する練習をしておく。
  • 【物語文の読解】気持ちを表す言葉を押さえる(例:ありがとう→感謝する気持ち)。気持ちの変化を正確に追い、答えられるように国語Bの「内容を確認しよう」の練習を丁寧に行う。

 

算数の出題傾向・対策

算数も制限時間40分です。

4年生は3月に1度組み分けテストを受験していますが、本格的な組み分けテストは今回が初めてといっても過言ではありません。7月は理科・社会が増えるだけでなく、問題数と難易度がグッと上がります

特に算数は、3月の組み分けテスト以降、3月復習→4月マンスリー→6月マンスリーと制限時間50分のテストに慣れた後のテストになるため、感覚的な難しさが増すようです。

算数の復習テストは基本、サピックスの通常授業で使用している「デイリーサピックス」というテキストの数値替え・改訂問題が出題されます。1カ月の学習が身に付いているかを確認するためのテストなので、授業で出題された問題をしっかり理解し、問題を見たときに「どの解法を使って解く問題なのか」を判断することができれば高得点が狙えます。

一方のマンスリーテストは授業で学習した内容の基本・応用が出題されるため、基本の解法を身に付けるとともに、それを応用するところまで学びを深める必要があります。

さて、組み分けテストに話を戻しますが、今回は今まで学習した内容をいかに正確に、速く解くかが鍵になりました。今回は150点中120点(8割)取れれば偏差値67、102点取れれば偏差値60でした。

  1. 計算問題
  2. 小問集合(基本問題)
  3. 小問集合(応用問題)
  4. 植木算・立体図形
  5. 数の性質(応用)

【計算問題】の対策

基本ができていれば満点が取れる問題でした。しかし、出題された全5問のうち3問は正答率80%未満になっており、講評でも「残念な結果となりました」との一言が。「計算の工夫」や「逆算」など、慣れていないと時間がかかってしまう問題もでるため、日々のトレーニングが必要不可欠です。

☝対策

  • サピックス生は「基礎力トレーニング」を毎日欠かさず行う。
  • 外部生は計算問題集を使って計算トレーニングを行う。
  • 「計算の工夫」の解き方を意識的に使うようにする。
  • 逆算をマスターする。

 

【小問集合(基本)】の対策

2月から学習してきた各単元の基本問題が1題ずつ出題されました。復習テストはテキスト問題の数値を替えた問題が中心でしたが、組み分けテストは文章をガラリと変えた問題も出てきました。どの問題も1文1文を丁寧に読み、どの解法を使えば良いのかしっかり考えれば解けるものなので、落ち着いて処理することが必要です。

☝対策

  • サピックス生はテキストの基本問題をしっかり理解(何を求められているのか・どうしてその解法を用いるのか)
  • 外部生はサピックスのHPにて今までの学習範囲を確認し、基本知識を習得しておく。

 

【小問集合(応用)】の対策

応用問題ではあるものの、2月から学習してきた基本知識ができていれば解ける問題でした。ただし、テキストに出てきた問題を暗記するように解いていたり、新しい問題に挑戦すると時間がかかってしまうようなタイプのお子さんには難しかったと思われます。

☝対策

  • サピックス生はテキストの応用問題を解く時に、基本知識をどう使われているかを意識する。答えがあっていたからOKではなく、解説まで目を通して「問題の意図」を理解しておく。
  • 外部生はサピックスのHPにて今までの学習範囲を確認し、基本知識を習得しておく。
  • 焦らず、1文1文をしっかり押さえて解く。

 

【植木算・立体図形】の対策

3ページにわたる問題(※1ページは作業用図形)であったため、一目見て怖気づいてしまった人もいたかもしれません。大問のナンバーが大きくなればなるほど「難しそうな」印象を与える文章題・図形問題が出てきますが、最初の問題は基本問題であることが多いので、時間さえあれば得点することが可能です。

☝対策

  • 難しそうだからと言って焦らない。
  • (1)は基本問題であることも多いので、臆せずに挑戦してみよう。

 

【数の性質(応用)】の対策

最後の大問ですが、今回は大問4「植木算・立体図形」よりも正答率は高く、(1)は基本問題でした。(1)の正答率は70%以上で、大問3「小問集合(応用)」5問よりも高い結果となりました。問題の見た目に騙されないことが大切ですね。

  • 最後の問題だからと言って、全てが難しいとは限らない。(1)は基本問題であることも多いので、臆せずに挑戦してみよう。

 

理科・社会は今後掲載予定です。

参考になりますように!